ようこそ、世界自然遺産・知床のまち斜里町の議会議員です、携帯グーグ ルサイトからも一部ご覧いただけます。

3,14役場庁舎改修は耐震化工事で押し切る!!

3,14役場庁舎改修は耐震化工事で押し切る!!

平成30年度3月定例議会(第5日)3,14

1 開会

2 新年度予算審議(主な答弁)
① 庁舎耐震化は有利財源の利用であり総合的に判断した。毎年の経常経費は下がっていないし今後の住民要望も大きく、役場人件費は今が最低水準で今後上昇する。
② オホーツクイメージ戦略推進委員会負担金は振興局中心の3年間事業である。
③ 同報系行政防災無線デジタル整備事業は、他目的運用が出来ないか研究する。
④ 免許返納後の外出支援は検討したい。
⑤ 仲良しクラブは空調設備を導入する。
⑥ 合葬墓は管理料を取る予定はなく、墓誌の予定もない。
⑦ 緑ダム小水力発電事業費は総額約14億程度。1市4町負担は18.4%。
⑧ ウナベツ休養村センターのボイラーは数日中に復旧する。
   
3 延会

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional