ようこそ、世界自然遺産・知床のまち斜里町の議会議員です、携帯グーグ ルサイトからも一部ご覧いただけます。

2017

2017

大晦日12,31
何かと騒がしい一年が終わりました~
当議会は、年中議員研修と議会改革の議論で過ぎた気がします。全国的にも国会議員・地方議員問わず、また市長・町長等と公職の身につかさどる人の話題が多かった事は、住民・有権者の政治・政治家への不信がますます大きくなって来ているのだと思います。

当選するためにだけ、権力を握り自分の保身のためにだけ集合離散を続ける「姿」に国民は無関心を通り越し、呆れているのでしょう~

東証も数十年ぶりに高値で納会したが、どこで景気が良いのか。
野菜~高いね!! 良いお年をお迎えください。

今年も残り1カ月~11,30
早いもので今年も年末に入る~トランプで始まり1年中北朝鮮が頑張り、日馬富士で終わりそう~
今年の干支は鶏、鳥ではない事が当てはまるような細かい世相だったような気がする~
これからの年末年始宴会で使われる言葉は「ち~が~う~だろ~!」が多用されそうでが。
今年を一番上手く表しているようで~私も使わしてもらいたい~今の斜里町議会。

荒れない冬が終わった~3,31
昔から「お天道様は借金しない」と言うから、この夏はどんな夏になるのか心配である、昨年8月の台風の様な事になると~これは50年に一度などと暢気な話ではない。

4年任期も折り返し点を迎える~町長も議員も今までの2年間の評価が町民から徐々に大きくなり圧力となって「議員数」や次回選挙の話が酒のツマミにあがる。

役場の恒例春の人事異動も内示が終わり、2段出世の人、移動希望が叶わず「また冷や飯だ!」と嘆く人、いつもの光景がある。
明日から4月~

新年度からの「ふるさとUターン促進条例」は若年層の増加となるか~2,28
新年度予算の内示から、新政策の一つとして「斜里町奨学生ふるさとUターン促進条例」が提案される~地方の人口減少が止まらない中、次世代を担う若者の地元定着促進のため、平成27年度から31年度までに斜里町奨学金条例により貸し付けを受けた者が大学等の卒業ごに町内に住所を有した場合~貸し付け奨学金の二分の一以内を免除する。
カンバックサーモン条例!効果はいかに。

新年はトランプ旋風から~1.31
アメリカ大統領トランプ氏の勢いが止まらない~矢継ぎ早の大統領署名は世界を翻弄している。

しかし、大統領就任前に言っていた事を実行しているに過ぎないのだが世界の人の多くは、本当に「しないだろう!」という常識の思いこみと価値観の乖離に株は上がったり下がったり、多国籍企業は右往左往とニュースにことかかない~

さてこの先には何があるのだろう?
移住国家でない外交オンチの日本はこれからどんな立ち位置をめざし、日本丸はどこに向かって航海するのだろう~

「申酉騒ぐ!」格言通りの1年かな。明日から2月・・・・・

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional